【21年最新】本当に使いやすい採用管理システム厳選5サービス紹介

  • 採用管理システム

採用担当者へのアンケートやインタビュー・事例に基づき、2021年最新の「本当に使いやすい管理機能が優れている採用管理システム」を厳選した5サービスご紹介

管理機能が充実している採用管理システムとは

採用管理システムは、集客~採用までを管理できるシステムです。応募者管理・面接における連絡対応・詳細な分析など、採用までのフローにおいてあらゆることがシステムを通じて管理することができます。
ただどういったシステムが使いやすいのか?判断軸が分かりづらい声も多いのでいくつかポイントをご紹介します。

今回は「応募集客と応募者管理」の両方ができる採用管理システムで、応募集客の力が強いシステムのポイントをご紹介します。

自動取込できる求人媒体数

多くの採用管理システムでは複数の求人媒体経由の応募者をシステムで一元管理することができます。いちいち求人メディア専用の管理画面に行かずとも、採用管理システムがあれば概ね応募者管理することができ工数が大幅に削減されます。
またより多くの求人媒体を取り込めることは、顧客のニーズを反映するべく、定期的にシステム自体のリニューアルや改善をしている証拠になります。
逆に取込媒体数が少ないシステムは、全くシステム機能が追加されなかったり、人員不足でシステムエラーなどが起きた際の処理対応が非常に遅いことが多いです。
システムを選ぶ際には、自動取込媒体数の数をチェックしてみてください。

SEO対策をしているか

作成した自社採用HP(オウンドメディア)ですが、もっともアクセスされる方法がGoogleやYahooといった検索エンジンからの検索です。そこで見てもらえる位置にいないとページを作った意味がありません。というのも求職者が「社名 採用(求人)」などで検索した際に、一番上(少なくとも上位)に表示されないといくら立派なページを作っても見てもらえないからです。
ちゃんと「社名 求人(採用orバイト)」などで検索された際に上位(できれば一番上)に出るようSEO対策しているサービスかどうかチェックしてください。
簡単な見極め方があります。

歴史のあるサービスか

ドメインパワーもSEOに大きく影響します。ここ最近や数年前に開始したサービスはドメインパワーがどうしても弱いです。10年前など歴史あるサービスはドメインパワーが非常に強いためSEO力においても他社を大きく上回ります。

知名度のある求人広告メディアを運営している会社かどうか

応募者管理に対して求める、使いやすく見やすい項目ボタン表示や便利な機能が備わっているかどうか。これは運用において非常に重要です。
どうしても求人メディアを運営していない企業は、企業側が応募者管理において求めていることの情報や知見やノウハウがないため、少ないヒアリングを基にした使いにくいシステムになっていることが多いです。
これらのノウハウは、求人メディアを展開している企業しか持っていません。
特にコマーシャルをやっているような知名度のある求人メディアは、過去からの膨大なデータと事例をもっていることが多く、大手のサービスは人事担当にとって見やすく使いやすく便利な機能が揃っており、運用にストレスがかかりません。

分析機能が充実しているかどうか

採用活動において分析は非常に重要です。使っている求人広告メディアごとでの応募者の詳細な属性、応募単価・面接率・採用率。採用ステータスにおいてどこで歩留まりが発生しているか。などなど多くの分析項目があります。より最適な採用活動ができているかの分析を継続し最適な採用活動を行うことができます。
ただし分析はExcelでやるのは手間も管理もかかってしまいます。Excelが苦手な方はそもそも集計しない方もいるでしょう。
採用管理システムでは分析を簡単に行うことができるメリットがあります。
注意いただきたいのは、分析機能においては昔よく言われた表現の「安かろう悪かろう」が大きく当てはまります。
どうしても安価なサービスは、分析機能も簡易的なので分析できる幅が非常に狭く面倒だったりします。
正確かつ詳細な情報をボタン1つで簡単に分析されたい方は、安価なサービスを選ぶのはやめましょう。

以上です。

評価の高い厳選5つのサービスをご紹介

今回は採用管理システムで、応募集客において評価の高いサービスを厳選して5つご紹介します。

HITO-Manager(ヒトマネージャー)

HITO-Manager

「業界TOPの応募力」と評価される採用HP集客機能。充実の応募者管理機能を備え、圧倒的な総合力の高さで満足度評価が非常に高い。

【特徴】

  • 応募者管理、メール、分析、サポートなど運用において必要且つ便利な機能が充実しているため、運用利便性が高い
  • サービス専用のサポートヘルプデスクを設けており、不明点や相談における解決の早さが業界随一。サポートにおいて手厚く、他社から乗り換えも多い
  • 本社・エリア・拠点・求人媒体ごとの詳細な応募者属性や、応募数など数は勿論のこと、単価や率までボタン1つで簡単に出すことができる業界唯一のサービス
  • 歴史あるサービスで、人事だけでなくエリアマネージャーや現場担当者の満足度が高く、長く使われていることが多いサービス
  • 採用HP集客機能も持ちIndeed・Google・yahooなどおまとめサイトへの連携力が強く、また業界TOPと呼ばれるSEO力で、採用HPの応募集客力が非常に高い

サービス名:HITO-Manager(ヒトマネージャー)
提供企業:パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
URL: https://hitomgr.jp/lp/

RPM

rpm

派遣・コールセンター業界に強いシステム

【特徴】

  • 派遣業ならではの応募管理方法に対応
  • 機能面充実かつ求人媒体管理もラクラク
  • 自社サイトの構築も可能

サービス名:RPM
提供企業:株式会社ゼクウ
URL: https://zeku.co.jp/product/rpm.html

i-web

 

選考フローの変更などにも対応できる柔軟性と充実したサポートも魅力。成果、業務効率化の両方を実現したい企業にオススメ

【特徴】

  • 各求人媒体からの応募データを簡単に一元管理
  • インターンシップと本選考が1つのサイトで管理が可能
  • 蓄積されたデータをもとにした、採用動向やマーケット動向など定期的なレポート
  • 充実したサポート

サービス名:i-web
提供企業:株式会社ヒューマネージ
URL: https://www.humanage.co.jp/service/lp/i-web/index.html

ビズプラ採用管理

最新のHR-Techを搭載した採用管理システム

【特徴】

  • リファラル採用支援機能を搭載
  • Web面接や動画エントリー機能あり
  • 応募者への迅速なフォロー連絡機能あり

サービス名:ビズプラ採用管理
提供企業:株式会社フューチャート
URL:https://bizpla.com/saiyo/

アクセスオンラインキャリア

勤怠システムに強みがあり、労務管理連携もできる

【特徴】

  • 容量での課金システムではないため安心
  • 様々な応募経路の応募者を一元管理できる
  • 人材紹介会社との連携がスムーズにできる

サービス名:アクセスオンラインキャリア
提供企業:株式会社マイナビ
URL: https://careerlab.tenshoku.mynavi.jp/btob/lineup/aolc/1900/

関連記事
【2021年上半期】厳選20社!アルバイトの採用管理システムの選び方や特徴を解説

 

おすすめの記事