エントリーする

FAQ
よくある質問

ファッションアドバイザー

応募・試験について

Q.販売の経験がないので不安です。

三陽商会では、初めてファッションアドバイザーに就いたスタッフが多数活躍しています。前職も飲食店やホテルなどの接客業から、車のセールスや保育士、一般事務職など様々です。必要なのは経験ではなく意志であり、大事なのは知識ではなく人間性。未経験の方も臆せず、ぜひご応募ください。

Q.入社時期の相談はできますか?

在職中の方からも多数ご応募いただいており、タイミングや区切りが人により異なるのは当然です。募集状況にもよりますが、応募時や面接時にお気軽にご相談の上、入社日を決定したいと思います。

Q.応募から内定まで選考期間はどのくらいかかりますか?

通常、早ければ1週間、遅くとも3週間以内には結果のご連絡を差し上げます。その間、書類審査の上、面接を1~2回実施します。時期や状況により異なりますので、ご応募時にお気軽にお問い合わせください。

Q.アルバイトやパートタイムを希望しています。

学生や主婦の方も多数働いており、週20時間未満、週20時間~37.5時間未満、週37.5時間の3つの働き方があります。ライフスタイルや状況、価値観や志向により選択いただけ、育児や介護などで働き方を変更することも可能です。詳しくは各店舗の募集情報をご覧ください。

Q.女性でもメンズブランドで働けますか?

メンズブランドの男女比は半々で、女性の方が多いショップもあります。店長への登用も性別に関係なく、多くの女性が活躍されています。また、女性の視点からのアドバイスは男性のお客様に大変好評で、女性のお客様からもお店に入りやすいなどうれしいお言葉をいただいています。

ファッションアドバイザー

勤務時について

Q.シフト制とはどのような働き方ですか?

1日を早番、遅番などに分け、1ヶ月ごとにシフトを組んで勤務します。営業時間や休憩時間は店舗により異なるため、勤務の開始・終了時間は勤務先に準じます。毎月20日ごろに翌月の勤務シフトが決定します。

Q.勤務時の服装について教えてください。

原則、各ブランドの商品を身につけていただきます。3分の1程度を自己負担で購入していただく制服割引制度があり、極力負担をかけないよう配慮しています。ブランドの世界観を表現する上で、お客様との大事なコミュニケーションの手段と考えています。

Q.販売ノルマはありますか?

販売ノルマではなく、ショップ全体の予算を設定しています。三陽商会ではチームワークを重視しており、お客様と接する業務以外にも、フィッティングなどのサポート業務や商品管理など多岐に渡るため、協力しながら目標を達成することが求められています。

Q.残業はどのくらいありますか?

ブランドや店舗、時期により異なりますが、全体を平均すると月1~2時間程度になります。百貨店のインショップが大半を占めること、一着の単価が高く商品点数が少ないこと、効率的な店舗運営を行っていることなどが理由で、休日もしっかり取得いただいています。

Q.休みの希望は出せますか?

結婚式や法事、お子さんの運動会などで休みたい場合、シフトを組む際に申請すればお休みをとることができます。
ただし、他のスタッフと協力しながら店舗を運営しているため、お互いの配慮は必要です。

ファッションアドバイザー

配属・異動、制度について

Q.希望するブランドや勤務地などの配属、異動はどのように決まりますか?

エリア別・ブランドごとの募集のため、希望するブランドや店舗をご応募の時点で選択していただきます。原則、お住まいから1時間程度を通勤圏内とし、転居をともなう異動はありません。ただし、ステップアップや人材育成の観点から、店舗の異動はあります(頻度はブランドやエリアによって異なるため、お気軽にご相談ください)。

Q.長く働きたいのですが、出産・育児の支援制度を教えてください。

産前・産後休業や育児休業を取得される方が年々増加し、現在、販売職の方だけで月平均50名程度が取得しています。復帰後は時間短縮勤務制度を利用する方が多く、仕事と家庭の両立を実践しています。また、結婚や出産、育児などによりフルタイムから短時間・短日数に勤務体系を変えたり、一度退社した後に再度入社し活躍される方も増えています。社会保険も完備しているため、三陽商会健康保険組合による福利厚生メニューもご利用いただけます。

Q.正社員登用制度はありますか?

年1回、正社員(販売職)登用制度を実施しています。1年以上勤務していただいた方が所属ブランドの上長の推薦を受け登用試験にチャレンジできます。合格率は80%以上です。

Q.接客・販売研修について教えてください。

入社後は集合研修や先輩スタッフによるOJT研修がありますので、未経験の方でもご安心ください。経験や知識、スキルよりも「お客様の気持ちに寄り添う」という姿勢を大切に考え、まず入社後の研修では「三陽接客スタイル(SANYOサービスポリシーに基づく接客)=お客様のたどりつきたいところに導く」ことの重要性について学んでいただきます。その後も「お客様のたどりつきたいところに導く」ための接客ロールプレイング研修や、喜んで買っていただけるための接客研修など取り揃えています。

ENTRY

エントリーする→

RECRUIT INFO採用情報