株式会社富士巧芸社 アルバイト・社員・派遣 テレビ・マスコミ業界 求人情報株式会社富士巧芸社 アルバイト・社員・派遣 テレビ・マスコミ業界 求人情報

株式会社富士巧芸社のアルバイト・社員・派遣求人情報。アシスタントディレクター(AD)、映像編集、エディターなどのテレビ・マスコミ業界の求人情報多数。芸能マネージャー、オフィスワークスタッフも募集中!

テレビ業界の仕事について

アシスタントディレクター
(AD)の仕事

キツイというイメージのあるADという仕事、“アシスタント”と付いていますがADも“ディレクター”です。
ADはディレクターの指示を受けて「パソコンを使用しての資料作り」「企画に関するリサーチ」「ロケの準備やお弁当の手配」「ロケ中の交通整理」「台本の印刷」など、多岐に渡る仕事をフットワーク良くさばいていきます。
全てのスタッフが自分の仕事にプライドを持ち、キビキビと働いている職場なので、アッと言う間に時間が流れていくと思いますが、プロ集団の中で毎日頑張っている間に、着実にスキルアップできますよ。

アシスタントディレクター(AD) Oさんの1日の流れ【 バラエティ番組A 】

出勤・リサーチ・仕込み

スタッフルームに出勤。
番組Aの場合、企画(ネタ)に関するリサーチをし、
資料作成をしたり、ロケ場所や取材対象者に
電話やメールで取材交渉をします(仕込み)

昼食

社員食堂を利用したり、個々で外に食べに行ったりします。

リサーチ・仕込み

どの番組も定期的に分科会という企画会議があります。その際に
自分がリサーチした内容をディレクターや演出に発表します。

資料作り開始

ロケ場所の確保など、電話をかけることができる
ギリギリの時間まで粘り、仕込みの状況報告や
追加のリサーチ資料などの作成をします。

退勤

編集アシスタントの仕事

映像編集(エディター、ポスプロ)の主なミッションは、視聴者にコトバを届けること。与えられた映像を活かし、番組を観る数百万の視聴者のことを常に考えながらテロップを創ります。テロップ制作ソフト(DEKOなど)を使用し、テロップデータを作成していきます。
大切なのはディレクターの指示を的確に把握できるコミュニケーション能力。文字の一つひとつを指示書にまとめ、一字一句を指定する方もいれば、イメージを伝えて「後はお任せ」という方もいます。それぞれのディレクターがアナタに何を望み、何をするのかを判断し「空気を読む」ことが必要なのです。

編集アシスタント Nさんの1日の流れ

出勤・機材準備・設定

編集室(編集スタジオ)に出勤。仕事開始の準備をします。

作業開始

情報番組10分のコーナーVTR テロップの仕込み。

昼食

制作の方々と外に食べに行ったり、出前を取ったりします。

テロップ入れ、デザイン

オペレーターは色調やテロップと映像を合成、アシスタントはテロップのテイストの打ち合わせから作成、画像の処理も行います。
誤字脱字、長文になりすぎてないかのチェックもします。

VTR完成

VTRが完成したらプロデューサー含めプレビューを行います。

直し

プロデューサーのチェックを受けての文言変更や画像の差し替えをします。

退勤

富士巧芸社のお仕事のメリット

  • 未経験
    でも安心

    個々に合った研修を用意しています。番組制作や編集に関すること、初歩的なパソコン操作、ビジネスマナーなど現場で必要なスキルを学ぶことができます。

  • 悩み不安
    解消

    職場の上司や先輩とは違う立場の相談者(メンター)がおり、仕事はもちろん業務外(プライベートなど)の悩みも相談でき、メンタル面で支えてもらえます。

  • キャリア
    アップ

    5年後、10年後の将来も『社内公募制度』『FA制度』など充実した異動制度を使い、一人一人に合ったキャリア創りができます。

富士巧芸社をもっと知る

※別ページが開きます