エントリーする

INTERVIEW
インタビュー

販売職を極める
販売職を極める
現場が、答え。

ポール・スチュアート(レディス) 店長
梅野 緩子
01

現場が、答え。

私は15年前に三陽商会に転職して、3つのブランドを経験し、今は『Paul Stuart(ポール・スチュアート)』で複数の店舗を指導する役割を担っています。それなりのキャリアがあるので、どうしても現場から離れたところで仕事をすることも多くなってきました。管理業務とか会議とか。でも、すべての答えは現場にしかないんです。どんなに精密なシミュレーションをしたって、現場で起こっていることがすべて。特に、現場の空気づくりは現場でしかできません。常に明るい雰囲気を持っている人がいれば、いい空気になるんです。常に明るくいるのは簡単ではないのですが(笑)。

01

現場が、答え。

私は15年前に三陽商会に転職して、3つのブランドを経験し、今は『Paul Stuart(ポール・スチュアート)』で複数の店舗を指導する役割を担っています。それなりのキャリアがあるので、どうしても現場から離れたところで仕事をすることも多くなってきました。管理業務とか会議とか。でも、すべての答えは現場にしかないんです。どんなに精密なシミュレーションをしたって、現場で起こっていることがすべて。特に、現場の空気づくりは現場でしかできません。常に明るい雰囲気を持っている人がいれば、いい空気になるんです。常に明るくいるのは簡単ではないのですが(笑)。

インタビュー写真
02

VIP顧客にふさわしい対応とは。

『Paul Stuart』は、安い商品ではありません。そのため、ひとりのお客様が年間で使われるお金も大きな額となります。デパート内のVIPルームにご招待してセミオーダーを承るようなことも行っています。店舗は、お客様の空間です。そこに私たちが居させていただくという意識でやっているため、自分を出し過ぎてはいけないと思っています。自分はこうだ、という考えにこだわらず柔軟に対応することを心掛けています。正解は自分の中にではなく、お客様や現場の中にある。VIP顧客だからといって難しく考える必要はなく、あらゆる行動や判断の基準を「お客様」にすればよいのだと思ってやっています。

02

VIP顧客にふさわしい対応とは。

『Paul Stuart』は、安い商品ではありません。そのため、ひとりのお客様が年間で使われるお金も大きな額となります。デパート内のVIPルームにご招待してセミオーダーを承るようなことも行っています。店舗は、お客様の空間です。そこに私たちが居させていただくという意識でやっているため、自分を出し過ぎてはいけないと思っています。自分はこうだ、という考えにこだわらず柔軟に対応することを心掛けています。正解は自分の中にではなく、お客様や現場の中にある。VIP顧客だからといって難しく考える必要はなく、あらゆる行動や判断の基準を「お客様」にすればよいのだと思ってやっています。

インタビュー写真
03

数々の表彰、その先もまだまだある。

毎年行っている「ロールプレイング研究発表会」にブランド・エリアの代表として参加させてもらいました。また、三越が全国規模で主催している業種横断のサービス職の優秀賞というありがたい賞もいただきました。ですが、すべては現場なんです。現場にいらっしゃるお客様がどう思うか、現場でいっしょに働くスタッフたちがどう思うか。それが私にとってとても大事なこと。現場の意見をないがしろにしないところが三陽商会の良いところです。どうやったら現場を大事にしてくれるスタッフを増やしていくか。今は教育、育成に興味があります。

03

数々の表彰、その先もまだまだある。

毎年行っている「ロールプレイング研究発表会」にブランド・エリアの代表として参加させてもらいました。また、三越が全国規模で主催している業種横断のサービス職の優秀賞というありがたい賞もいただきました。ですが、すべては現場なんです。現場にいらっしゃるお客様がどう思うか、現場でいっしょに働くスタッフたちがどう思うか。それが私にとってとても大事なこと。現場の意見をないがしろにしないところが三陽商会の良いところです。どうやったら現場を大事にしてくれるスタッフを増やしていくか。今は教育、育成に興味があります。

ENTRY

エントリーする→