エントリーする

INTERVIEW
インタビュー

販売職を極める
販売職を極める
販売職を、
本気でやるなら。
エポカ ザ ショップ 副店長
大川 美香
01

販売職を、本気でやるなら。

今から14年前に三陽商会に入社。入社以前は派遣社員として他社でアパレル販売の仕事をしていましたが、もっと本気で販売の仕事がしたい、長く働ける場所を見つけたいと、転職を決意しました。それ以来、『EPOCA THE SHOP(エポカ ザ ショップ)』に携わり続けています。取り扱う商品は、それまで関わってきた商品よりも高額だったため、入社した当初は責任の重さも感じましたが、一番印象的だったのは、当時の店長の存在です。販売という仕事に真剣に向き合う人で、販売のスキルや、スタッフやお客さまを引き寄せる力など、多くのことを学ぶことができました。「本気で販売の仕事がしたい」という私の希望には、まさにピッタリの場所でした。

01

販売職を、本気でやるなら。

今から14年前に三陽商会に入社。入社以前は派遣社員として他社でアパレル販売の仕事をしていましたが、もっと本気で販売の仕事がしたい、長く働ける場所を見つけたいと、転職を決意しました。それ以来、『EPOCA THE SHOP(エポカ ザ ショップ)』に携わり続けています。取り扱う商品は、それまで関わってきた商品よりも高額だったため、入社した当初は責任の重さも感じましたが、一番印象的だったのは、当時の店長の存在です。販売という仕事に真剣に向き合う人で、販売のスキルや、スタッフやお客さまを引き寄せる力など、多くのことを学ぶことができました。「本気で販売の仕事がしたい」という私の希望には、まさにピッタリの場所でした。

インタビュー写真
02

いつでも、フラットな状態で。

販売という仕事における私のこだわりは、「フラットでいること」。つまり、お客さまにも、スタッフに対しても、常に同じ状態で接すること。そして、仕事のモチベーションも一定に保ち続けること。自分自身の気持ちをコントロールするのは簡単なことではありませんが、目の前の数字やささいな出来事に一喜一憂せず、やるべきことを粛々と続けてきたことが、自然とお客さまやスタッフからの信頼につながってきました。以前、11年勤めた店舗を異動するときには、何人ものお客さまが私に会いに来てくださり、最後の方は毎日泣いていましたね。そのときばかりは、「フラットな自分」とは言えませんでしたが(笑)。

02

いつでも、フラットな状態で。

販売という仕事における私のこだわりは、「フラットでいること」。つまり、お客さまにも、スタッフに対しても、常に同じ状態で接すること。そして、仕事のモチベーションも一定に保ち続けること。自分自身の気持ちをコントロールするのは簡単なことではありませんが、目の前の数字やささいな出来事に一喜一憂せず、やるべきことを粛々と続けてきたことが、自然とお客さまやスタッフからの信頼につながってきました。以前、11年勤めた店舗を異動するときには、何人ものお客さまが私に会いに来てくださり、最後の方は毎日泣いていましたね。そのときばかりは、「フラットな自分」とは言えませんでしたが(笑)。

インタビュー写真
03

SANYOサービスポリシーを体現する存在。

お客さまに対する三陽商会の姿勢を表現した「SANYOサービスポリシー」というものがあります。私も深く共感している大切なポリシーです。数年前には、私の普段の接客姿勢について「SANYOサービスポリシーを体現している人物」と評価していただき、理想的な接客を全国に向けて披露する「ロールプレイング研究発表会」にも出場させてもらいました。14年勤めた今でも、私にとって販売の仕事は一番楽しく、もっと成長したい分野です。まだまだこれからも、理想の接客スタイルを追いかけていきたいと思います。

03

SANYOサービスポリシーを体現する存在。

お客さまに対する三陽商会の姿勢を表現した「SANYOサービスポリシー」というものがあります。私も深く共感している大切なポリシーです。数年前には、私の普段の接客姿勢について「SANYOサービスポリシーを体現している人物」と評価していただき、理想的な接客を全国に向けて披露する「ロールプレイング研究発表会」にも出場させてもらいました。14年勤めた今でも、私にとって販売の仕事は一番楽しく、もっと成長したい分野です。まだまだこれからも、理想の接客スタイルを追いかけていきたいと思います。

ENTRY

エントリーする→